「ワタシ」的日常

一人称の主語「私」によって語りだされる日記。
ハヤナギの公的and/or私的生活の中の出来事とそれについての感想と考察から成る。
単なる愚痴のたれ流しという説もある。(目標:毎日更新)


2006年11月14日(火)の日記


第2回文化環境コロキアムのご案内
←画像をクリックすると拡大されます。

 長崎大学環境科学部文化環境講座の主催で、第2回文化環境コロキアムが、11/28(火)-11/30(木)の三日間にわたって開催されます。
 講座関係の学生、院生だけではなく、他大学の院生、研究者もお招きして、活発な議論の場を用意いたしました。
 人間にとっての環境とは何か、という問題に関心のある全ての人に開かれた「知の闘技場=コロキアム」ですので、皆様ふるってご参加くださいませ。

 ※コロキアムの成果を定期刊行物として出版する目処も付き、何とか軌道に乗りそうで、ほっとしているところです。
No.455

前原加奈  2006/12/04/17:36:59   No.469
11月29日の文化環境コロキアムで高山真さんの話を聞きました。
語り部についてのお話を聞くのは初めてで、長崎に住む者としては大変考えさせられるものでした。語り部の役割や重要性を意識させられました。

西野将也  2006/12/05/11:10:33   No.470
高山真さんの話を聞きました。自分は長崎市内出身で、小学生のときに語り部の方に来訪していただき、講演を聞く機会があったので語り部についてしっかりとしたイメージはあったのですが、語り部の抱えている問題はとても複雑で難しく、講演を聴くだけではすぐに理解できませんでした。自分の全く見えないところでこういった問題が生じていることにとても驚きました。

松田香穂里  [E-Mail]  2006/12/05/17:11:49   No.471
 今回のコロキアムに参加して、これから私の前に立ちはだかるだろう「卒論」について考えさせられました。先生方や在校生の質問、指摘やアドバイスを聞いていて、正直、その鋭さに驚き聴衆である私まで緊張が伝わってきました。
 あと、卒論に向かうまで1年です。地道に考えていきたいと思います。


2006年11月の日記をすべて読む
No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

++旧日記++

[Admin] [TOP]
shiromuku(cf)DIARY version 3.30