☆講義連絡掲示板☆



◎ここは課題の提出、講義の補足、試験の解説などを行うコーナーです。質問も受け付けます。



・2013年度・文化構造論 ←開設しました。

文化構造論2013資料配布フォルダ
プレゼンファイルのpdf版や補足資料をアップロードします
パスワードは講義中にお知らせします。

・2013年度・ドイツ語I・II←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。

ドイツ語II・2012資料配布フォルダ
補足課題やその解答などをアップロードします。パスワードは講義中にお知らせします。

・2013年度・メディア環境論←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。

メディア環境論2013資料配布フォルダ←クリック

・2013年度・異文化交流論←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。


・2012年度・文化構造論←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。

文化構造論2012資料配布フォルダ
プレゼンファイルのpdf版や補足資料をアップロードします
パスワードは上の掲示板と同じです。

・2012年度・ドイツ語II←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。

ドイツ語II・2012資料配布フォルダ
補足課題やその解答などをアップロードします。
※フォルダの共有期限を当初の試験日の前日に設定していました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。パスワードは上の掲示板でご確認下さい。掲示板のパスワード自体は前期と同じです。

・2012年度・メディア環境論←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。

メディア環境論2012資料配布フォルダ←クリック
メディア環境論のプレゼンファイルのpdf版や補足資料をアップロードします。パスワードはセキュリティ強化のため、11月1日に記載したものから変更しました。課題提出用の掲示板に書き込んで起きます。
第5回・第6回:「四日市と表象の政治」up済です。第7回:「黒四ダムと表象の政治」upしました。第8回:「The Cove」、第9回:「原爆写真」、第10回課題、upしました。新聞日誌ファイルと第11回:「家族写真の記号学」upしました。


・2011年度・メディア環境論←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。

↓メディア環境論2011Keynoteファイルのpdf版↓
プロジェクタを使用したときは講義用ファイルのpdf版をアップロードします。
パスワードは上の掲示板と同じです。各回とも一ヶ月ほどで公開終了となります。

第5/6回:四日市表象 第7回:黒四ダム  第10回: 写真(Nagasaki 10.8.1945) 第10回 課題(家族写真) 第11回 家族写真と表象の記号論

・2011年度・文化構造論←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。

↓文化構造論2011Keynoteファイルのpdf版↓
プロジェクタを使用したときは講義用ファイルのpdf版をアップロードします。
パスワードは上の掲示板と同じです。各回とも一ヶ月ほどで公開終了となります。

第1回  第2回  第3回   第4回(スライド)   第4回(資料修正版)



・2010年度・文化構造論←タイトルをクリックすると講義専用掲示板の入り口が表示されます。

↓文化構造論2010Keynoteファイルのpdf版↓
プロジェクタを使用したときは講義用ファイルのpdf版をアップロードします。
パスワードは上の掲示板と同じです。各回とも一ヶ月ほどで公開終了となります。

第1回  第2回  第3回   第4回

・2010年度・ドイツ語I&II

Internet Explorerだとウムラウト(Äüß)等が文字化けする可能性があります。

インターネット閲覧ソフトは文字コードへの対応が柔軟なFirefoxまたはOperaを使用して下さい。

また音声データの再生には、iTunesの使用を推奨します。

「文字化けする」、「ダウンロードできない」、「再生出来ない」等のご質問には、
上記のソフトを用いて、考えうるすべての可能性を試してもなおうまくいかない場合にのみ対応します。
お問い合わせの際には、OSとヴァージョン、使用ソフト、症状、試した可能性を詳細に記述してください。



・2009年度・集中講義「経験とその表象」(大阪大学)資料配付コーナー
初日(火曜日):分類「その他」から、(1)長崎大「文化構造論」提出課題、(2)津本陽、(3)旧約聖書(蛇と嘘)、(4)平川克美(可能性感覚)、(5)オスカー・ワイルド:虚言の衰退(p.10, p.78-82)、(6)柳田國男:不幸なる芸術(p.250, p.255-259, p.266-269)を、「Frisch美学」から(1)Max Frisch年譜を、プリントアウトして目を通しておいてください。
・2009/12/07 23:12 予定したファイルはすべてアップロードしました。とりあえずダウンロードだけしておいてください。
・2009/12/05 23:12 『わが名をガンテンバインとしよう』の英訳と和訳、『伝記 一つの演戯』の英訳、『日記 1946-1949』の英訳(一部)をアップロードしました。フリッシュのテクストに関してはこれで全てです。
・2009/12/05 23:04 内田樹さんの論考2篇をアップロードしました。また、MacOS純正のプレビューで表示できないという問題を解決しました。ただしファイルサイズが大きくなりました・・・
・2009/12/03 22:41 物語論関係の文献を7編アップロードしました。
・2009/12/03 1:24 『シュティラー』の和訳と英訳をアップロードしました。
・2009/12/02 23:44 フリッシュのオリジナル(ドイツ語)テクストをアップロードしました。

・2009年度・ドイツ語III&IV

・2009年度・文化構造論

・2009年度・フィールドワーク入門(葉柳担当分)

・2009年度・メディア環境論

キャッシュのクリアとリロードを試みてもうまくいかないときは以下の避難版をご利用ください。パスワードは正式版と同じです。
       ↓
  葉柳ゼミ避難版

 ☆第9回課題(写真+考察)用特設掲示板

 『裏窓』←m4vファイルです。講義中に観た箇所はカットしてありますが、それでも800MB近くあるのでダウンロードには時間がかかります。 ※動作確認はwindowsとmacそれぞれのQuickTime PlayerVLCで行っています。再生できない場合は、使用しているパソコンか、使用者自身のPCスキルに原因がありますので、技術的な質問は動画の再生について一通り勉強した後、考えうるすべての可能性を試してからにしてください。パスワードは講義用掲示板と同じです。

※第7回、第8回のkeynoteファイルのpdf版は↓をクリック

「第7回:黒四ダムまとめpdf」(2段組みに修正しました!)

「第8回:メディアとしての写真(その1)―――山端庸介pdf」

「第9回:メディアとしての写真(その2)―――家族の肖像pdf」(課題の紹介の部分は省略しました)

第7回、第8回は12月11日まで有効、第9回は、12月17日まで有効です。パスワードはBBSと同じです。ファイルは約2.5MBあります。AdobeReader 8以上で開く必要があります。


・2009年度・異文化交流論(葉柳担当分)

・2009年度・環境政策演習

・2009年度・現代ヨーロッパ社会論(長崎外大)

・2009年度・日欧関係論(長崎外大)



・2008年度・ドイツ語III&IV

・2008年度・文化構造論

・2008年度・フィールドワーク入門(葉柳担当分)

・2008年度・メディア環境論

・2008年度・異文化交流論(葉柳担当分)

・2008年度・環境政策演習

・2008年度・現代ヨーロッパ社会論(長崎外大)

・2008年度・日欧関係論(長崎外大)


・2007年度・ドイツ語III&IV

・2007年度・文化構造論

・2007年度・メディア環境論

・2007年度・異文化交流論

・2007年度・環境と文化(葉柳担当分)

・2007年度・環境政策演習  →つれづれなる論文作法
  ※「つれづれなる論文作法」は完結してから一般公開します。読んでみたい方はメールでご連絡を。


・2007年度・現代ヨーロッパ社会論(長崎外大)

・2007年度・日欧関係論(長崎外大)



・2006年度・ドイツ語I&II

・2006年度・文化構造論

・2006年度・メディア環境論  →第2回:文化環境コロキアム  →補足アンケート

・2006年度・環境政策演習  →つれづれなる論文作法
  ※「つれづれなる論文作法」は完結してから一般公開します。読んでみたい方はメールでご連絡を。


・2006年度・日欧関係論(長崎外大)



・2005年度・ドイツ語I&II

・2005年度・文化構造論

・2005年度・メディア環境論

・2005年度・環境政策基礎演習B



・2004年度・文化構造論

・2004年度・環境政策基礎演習A



・2003年度・ドイツ語I&II

・自主講座:歴史・物語・倫理

・2003年度・メディア環境論談話室



☆資料配付場所☆


◎ここは授業等で配布する資料をできる限りデジタル化することをめざして開設したコーナーです。

葉柳のご託を読みたくない人は→をクリック text

 以前から、授業で配布するプリントには頭を痛めていました。私は資料提示の方法はプリント配布がベストだと考えています。プロジェクターを利用すると、「絵」はなるでしょうが、長期的な教育効果はあまり期待できません。少なくともそれだけに頼ったのでは、教官がしゃべっている間、学生たちは必死になって、画面上の図や文字を筆写するという、最も非コミュニケーション的な光景が展開するだけです。
 しかし、プリントを配布すると必ず、必要部数以上に紙を使ってしまいます。一つは、(少なくと私の職場の)印刷機で両面印刷すると、15枚に1枚くらいの割合で用紙が二重に送られたりして、無駄になるからであり、もう一つは、選択科目の場合、必ず欠席する学生が何名か出るのに、全員出席した場合を想定して登録人数分印刷しないといけないからです。
 講義で配布する資料は少なくとも学期末の試験やレポート執筆までは保存しておき、必要に応じて再読してほしいものがほとんどです。
 また、プリントの形式の問題もそこに絡んできます。私は「B派」です。つまり、B5をファイリングの基本にするべきだという立場を取っています。
 確かにファイリングの「グローバルスタンダード」はA4です。しかし、A4ファイルは本棚でもすぐに場所を塞いでしまうし、開くとそれだけで机の上が一杯になってしまいます。しかも情報量はB5と大して変わりません。鞄に入れて持ち運ぶときも楽です。
 しかし、自分のファイリングはA4だと決めているという人も多いでしょう。また、パソコンのプリンターやコピー機もA4を基本に設定がなされています。
 さらには、どうしてもプリントアウトせねばならないもの以外は全てデジタルデータとして処理するというのをファイリングの基本にしているハイテク派のひとやエコ派の人もいるでしょう
 市民として、また、マイナーな本を大量に購入し、世界中で数人の読者しかいないような学術論文を生産することで禄を食んでいる森林資源の破壊者として、不必要なプリントの印刷をなんとかやめねばと思っていました。(そのことは学問的検討をすることなく無批判に「グローバルスタンダード」を自分(たち)にあてはめることとは全く違います。念のため)

 というわけで、デジタルデータ化できる配付資料はできるだけこのページからダウンロードしていただく、という方法をしばらく試行してみます。
 プリントアウトしたい人はすればいいし、ディスプレイ上で見るので十分だと思う人はそうしてください。

<卒業論文執筆者用>

・卒業論文執筆要領

・卒業論文レジュメ作成要領

・卒業論文見本(@須田風志)

<調査シート>

・メディアと生活環境の中の「環境」調査シート



home01.gif